チリ国内で注目の健康機能食材・原料 (チリ国内専門誌「innova+agro」より抜粋) / “innova+agro”: INGREDIENTES FUNCIONALES EN CHILE

 現在、世界中で「機能性食材」「オーガニック」に対する注目が高まっているところですが、豊かで多様な自然を誇り世界でも有数の農産物・海産物の輸出大国であるチリでは、南北に長い国土のあらゆるところで様々な機能性の高い食材や原料が手に入ります。
 食材としての利用だけではなく、サプリメントや化粧品、医薬品の原料としても利用することのできるそれら農産物および海産物の豊かな資源を有効に利用し、チリのさらなる発展を支える新たなモーターとするために、チリ政府もこの分野における研究・開発推進にとても力を入れています。

 チリ農業省の下部組織である「Fundación para la Innovación Agraria(フンダシオン・パラ・ラ・アグラリア=農業革新のための基金)」が発行する雑誌「innova +agro」の2017年5月号で、チリ国内で特に期待されている健康機能食材および原料について特集が組まれ紹介されています。以下、同雑誌内で紹介された注目の原料・成分・機能について翻訳しまとめたリストです。

原料・原材料 成分 機能・応用
魚油: サーモン、イワシ、アンチョビー、アンチョベータ、アジ
植物油: チア、菜種、大豆など
オメガ3脂肪酸 – 脳機能の発達・維持
– 視力低下予防
– 乳児の脳機能形成・発達促進
– 胎児・乳児の視覚器官の発達促進
– 心機能強化・改善
– 血圧維持・回復
– 中性脂肪改善
– コレステロール値改善
とうもろこし、菜種、大豆、キンセンカ(カレンデュラ) フィトステロール(植物ステロール) コレステロール値改善
オリーブ
(葉やオリーブオイル製造工程で出る絞り汁など含む)
ヒドロキシチロソール – 抗発ガン作用
– 抗炎症作用
– 心臓血管の病気予防
– アンチエイジング効果
– 抗UV作用
ヘマトコッカス藻
オキアミ
アスタキサンチン – 関節・腱の健康維持
– 筋肉の機能強化・保持
– 抗UV作用
– コレステロール値改善
視力低下予防
ピロリ菌数減少(*免疫力強化)
精力増強
キジャイ
(Quillaja Saponina)
*チリに生息する植物
サポニン – 化粧品や石けんなどの界面活性剤
– 農作物用肥料
– 牧畜・水産養殖への利用: アンモニアの発生を抑える/低コレステロール産卵/養殖魚の成長促進
シアノバクテリア
(藍藻)
スピルリナ – 体重減少・肥満防止
– ガン、糖尿病、高血圧およびウイルス性の病気の予防
– 抗酸化作用
– 抗炎症作用
大麦、燕麦(オート麦)
キノコ類
βグルカン – コレステロール値改善
– 整腸作用
褐藻類
(レッソニア・トラベクラタ、レッソニア・ニグレッセンス、マクロシスティスピリフェラ)
アルギン酸 増粘剤、ゲル化剤、乳化剤、安定剤などとして利用できる成分の特性を活かして、食品・飼料・肥料・医薬品・化粧品など幅広い用途
「(*株式会社キミカHP」より)
マキベリー、ブルーベリー、ローズヒップ、ブラックベリー、ラズベリー、クランベリー、ストロベリー、ぶどう、プラム、紫玉ねぎ、赤カブ、紫キャベツ、 アントシアニン 抗酸化作用
トマト リコペン(リコピン) – 抗酸化作用
– 前立腺の病気予防
– 美肌・肌の健康維持
心臓血管の機能強化
– 老眼対策

(FIA発行「innova +agro」2017年5月号より抜粋・翻訳)